将来のための医師転職

患者の命を救う医師という仕事医者としての将来を見据えた医師転職

医師転職サイトの会員を退会

以前、医師転職サイトの会員に登録していたけれど、開業する事になったのでこれ以上は必要ないと思われる場合など、会員を辞めたいという場合も考えられます。

その場合には、医師転職サイトにログインして、自分のページの中から退会の手続きを行う事が多い様ですね。

退会の手続きに関する方法が書かれているページを参考にしながら、その通りに進めていくといいでしょう。もしくは、一時的に利用を停止したいだけであれば、退会せずに紹介してもらうのをストップしてもらう事もできます。

どちらにするのかという事は自分自身でよく考えたいですね。

退会してしまうと、以前登録したデータなどが失われてしまう事もあります。

検診センターへの医師転職

検診センターは入院患者がいないため、大病院の定年退職後の医師転職やある程度経験のある医師転職で希望されるケースが多いです。検査データに異常があるかどうかだけを見るのであれば、研修医でも見れば判るでしょう。検査データには高すぎるというマークや低すぎると言うマークが表示されるのですから、患者さんが見ても判ります。

医師は、その異常が何を意味するのかどこから来ているものなのかなどを見極めなくてはなりません。もっと詳しい検査をした方がいいのか、経過観察で良いのかといった見極めが重要です。

また、検査に異常は出ていなくても何か違和感を感じる、検査には異常は現れていないけど、この人は何らかの病気が隠れているような気がする、といった類の勘は、多くの患者さんを診察してきた経験豊富な医師ならではです。検診専門の医療機関は夜勤がなく体が楽なだけではなく、自分の能力や経験を発揮できるという点でも魅力のある医師転職の場です。

地域で若干異なる医師転職事情

もちろん、全国どこの地域にも病院はありますので、医師転職を行う際には、どの病院を選ぶのも自由です。しかし、医師転職事情というのは地域で若干異なる事もあります。最先端の医療に関わりたい、手術など高度な医療技術を身に付けたいなどという場合には、医師転職をする際に希望とする条件を満たしている医療機関を探し出す必要があります。

内科に医師転職をする場合には、比較的見つけやすいですが、特殊な診療科などに医師転職をしたい場合には、職場をじっくりと探さないといけない事もあります。都市部になると医療機関は充実している事が多いので、あまり見かけない診療科でも見つける事ができる場合もあります。

医師転職で選ぶ未経験者歓迎の職場

ブランクがある人や、実務経験が十分にない人、もしくは転科をする人などは、医師転職をする際に何かと不安を感じる事もあります。その際の医師転職においては、未経験者歓迎の職場を選ぶ事もあります。医師転職をして、いきなり即戦力として働く事はハードルが高く感じる事もあります。

そんな時には、医師転職先で研修が行われるなどすると、スタートしやすい事でしょう。医師転職をするドクターの中には、未経験者歓迎の職場を求めている人もいます。長く仕事を続けるためにも、最初というのは肝心です。少しずつ経験を積み重ねる事によって、実力を身に付ける事ができるでしょう。患者を健康にしたいという強い気持ちが大事です。

医師転職を考えている方へ

医師転職を考えている方でも2つの考えがあります。医師から他業種への転職と、他業種からの医師転職です。2つとも共通する点があります。まずは、本当にしたい仕事なのか、です。今の仕事が辛いから現実逃避しているのではないかなどです。

それを一番に考えてみて下さい。現実逃避しているなら、同業種への転職でもよいでしょう。どうしてもその業種へ転職したい、その思いが強い場合も勢いだけでなく、きちんと下調べをすることをオススメします。

メリットも沢山ありますが、もちろんデメリットもあります。メリットばかりを見ていませんか。デメリットの部分も必ず見ましょう。デメリットを考慮しても転職をしたいと思えることが大切です。

医師転職では職場環境が大切

医師という職業は資格を取るのが難しい分、給料が良いというイメージを持たれがちですが、苦労する点はたくさんあります。急患が入れば休日が亡くなってしまうし、対人職のためストレスが溜まりやすいです。

そこに職場の環境が悪いことが加わると一気にストレスでつぶれてしまいます。そのため転職率は高く、インターネットでも医師転職を専門にしている求人サイトも少なくないです。

転職をする上で特に大事にしたいのが職場環境で、環境が良いというだけでストレスを軽減させることも可能なので、安易に転職先を決めずに職場の雰囲気などをしっかりと理解してから決めましょう。

医師転職に関する記事