将来のための医師転職

患者の命を救う医師という仕事医者としての将来を見据えた医師転職

医師求人専門サイト

医師求人を募集している病院は全国にある。勤務医として働きたい人は、普通は病院が出す求人を閲覧して応募するという流れになる。

少し前なら、病院内に掲示されている求人を直接閲覧したり、新聞の求人を閲覧したり、ハローワークの求人を閲覧するなどの方法しかなく、あまり効率的とはいえない。

しかし、近年インターネットの急速な普及によって、求人はホームページから閲覧できるようになった。

その事は非常に画期的で、自宅にいながら、空いている時間に、日本全国から自分の条件に合った案件のみに条件を絞って閲覧する事ができるようになった。

医師求人などの専門職も充実したサイトが増えつつある。

医師求人サイトで副業を探す

普段の仕事だけでは、学費などの面で金銭が大変と感じている医師もいらっしゃいます。医師のアルバイトを募集している病院も多く、夜勤などを行えば、それなりのお給料が頂けます。医師求人サイトによる募集がありますでの、お住まいの地域や勤務時間、条件等を入力すれば、希望に合った副業が出てきます。

すぐに希望条件が見つからなくても、医師求人サイトに登録しておけば、希望条件が見つかった時には登録してあるメールアドレスにお知らせしてくれるサービスもありますので、是非活用しましょう。普段とは違った仕事をこなすことで、スキルアップにも繋がります。

自治体病院における公的医師求人について

自治体病院における医師求人に関しては、民間求人サイトが広く利用されています。

公的機関として、支援センターによる医師求人も行われています。支援センターは、公益社団法人全国自治体病院協議会と公益社団法人全国国民健康保険診療施設協議会とによって設置運営されており、地域医療の確保を図ることを目的とした医師の就業に関する支援を行っています。

支援センターは、厚生労働大臣から許可を受けた職業紹介サービスとなっており、ここでは、医師が登録をすることで希望に合った転職先を紹介し、面談の設定から就任に至る条件交渉等の支援を行います。

費用は一切かからず、新聞や求人誌に掲載されない情報を得ることができ、就任後においてもフォローを受けることができるようになっています。

歯科の医師求人に必要な資格

医師求人におきまして、歯科に就職する際に必要となってくる資格は、先ず歯科大学若しくは大学の歯学部を6年生を卒業し、国家試験に合格をし1年以上の研修を受ける必要があります。その上で資格が貰えるようになってきます。

しかしながらこの医師求人におきましては、大学病院や、大きな病院での勤務医としての枠は非常に少なく、一般的には開業医として働く人たちが非常に多いのです。また外科的処置をする人に対しましては衛生士の免許の他に外科治療が出来る医師免許が必要になってきますので注意が必要になってきます。自分が持っている資格で求人に応募出来るか事前に確認しておく必要もあります。

医師求人サイトなら希望の求人が見つかる

医師が求人を探す場合は、医師求人サイトを利用するといいでしょう。専属のコンシェルジュが在籍しているので、コンシェルジュに自分の希望条件を告げるだけで求人を紹介してもらえます。

今の仕事を続けながらでも、コンシェルジュが面接日などの調整をしてくれるので任せておけば安心です。医師求人サイトは、ハローワークや一般の求人情報誌に掲載されないような高待遇の非公開求人も紹介してくれるので、自分の希望にあう求人を選ぶことができます。コンシェルジュが、職場の雰囲気や人間関係など詳しい情報も教えてくれるので転職してから後悔することがありません。

医師求人のさまざまな探し方

サラリーマンなどに比べると、医師は転職をするイメージがあまりないかもしれませんが、医師専用の転職サイトには、さまざまな医師求人が掲載されています。医師が転職する理由として挙げられるのは、収入や勤務条件の改善、キャリアアップ、結婚や出産によるライフスタイルの変化などがあります。

医師と医療機関を仲介する転職サイトでは、本人の代わりに面接や勤務希望日などのスケジュールの調整、待遇などの交渉をおこなってくれるところが多いです。ほかには、知人からの紹介で市場に出ていない医師求人を見つけるケースもあります。

医師求人に関する記事