将来のための医師転職

患者の命を救う医師という仕事医者としての将来を見据えた医師転職

医師転職のタイミング

転職すべきなのか、どうかと言う事で頭を抱える事もあるかと思います。悩んでいるという医師は、ただ悩んでいるだけではなくても、ぜひ求人探しをしてみてはどうでしょうか。そして、希望の条件の求人が多く見つかった場合に転職を考えると言うのも良さそうですね。

また、いつ仕事を辞めるのかという、タイミングなども問題になってくるかと思います。今の自分が職場探しをしていて、経験やスキルがもう少し足りないなと感じる時には、もう少しだけ今の仕事を続けるというのもいいでしょう。

実際に仕事を探してみると、いろいろと分かる事も多いのではないでしょうか。医師として毎日少しでも成長を続けていきたいですね。

医師転職は通勤のしやすさも考慮に入れる

医師は一般的に人気の職業となっています。給料も良いですし、社会的に尊敬されている職業のうちの一つです。医療業界は慢性的な人手不足なために、転職などをしやすいところもメリットです。医師転職で大切なことは、自分が何を求めて転職するかということです。

それを明確にすると、医師転職に成功しやすいです。それはやりがいだったり、給料だったりするかもしれませんが、通勤のしやすさも大切です。通勤手段に乏しかったり、遠すぎる職場はいくらやりがいがあっても続かないものだからです。無理なく通える所であれば、そうしたストレスを抱えることもありません。

医師転職で外勤が可能な病院

医師転職で配属された場所が、1日に10人くらいしか患者が来ない所の場合があります。

以前に村と言われていた地域の診療所などがそれにあたります。その時は上司にあたる医師に相談すれば、外勤の許可を出してくれると思われます。温泉が湧いている地域の診療所は、普段はお客が来ないので医師転職した際に勤務をすると、暇と感じてもおかしくないです。

仕事が少ないことから、給料もそれほど高くないので、責任者に外勤の話をすれば認めてもらいやすいです。ただ、冬場は道路が凍結する可能性が高い地域なので、車で移動をする際は注意しましょう。

フレックス勤務の職場に医師転職

常勤医師としてフルタイムで仕事をするばかりではなくて、医師転職の際にはフレックス勤務の職場を選ぶ事もできます。フレックス勤務の職場に医師転職すると、仕事だけを優先したくないという場合や、家庭と両立したい人にもおすすめです。

フレックス勤務の職場に医師転職すると、体力の面においても働きやすさを実感する事もあります。しかし、安定した収入が必要な場合や、スキルを習得したい場合には、フレックス勤務ではなくてフルタイムとして働ける職場に医師転職をした方がいい場合もあります。医師転職においては、勤務の時間帯を細かく把握しておく事は大切です。就業後の条件調整については難しい事もあります。

転職エージェントを活用して医師求人を探そう

資格や経験が求められるため、医師求人はその他の職種と分けて掲載されることが多いです。求人を探すとき、勤務地や給与などから候補を絞っていくのが一般的ですが、医療関係の場合は勤務環境や設備、治療方針なども大きなポイントとなります。

なるべく多くの情報を集めて比較したいものですが、実際に勤務地を回ったり勤務している人から話を聞くというのはなかなか難しいでしょう。そうしたときに活用したいのが、転職エージェントです。カウンセリングを通して希望条件や治療方針などを整理し、自分に合った勤務地をマッチングしてもらえます。

医師転職をする時に注意したいこと

家庭の事情や自身の健康のため、スキルアップを目的としてなど、医師転職はさまざまな理由で行われます。転職先を探すときには、どんなことに気を付けるべきでしょうか。一般職と同様に勤務地や給与ももちろん大切ですが、転職先の設備環境や治療方針にも注意しなければなりません。

こうした情報を集めるのに、一件ずつ自分で尋ねて見学するのもなかなか難しいですから、医療現場の口コミサイトや転職エージェントを利用するのが良いでしょう。職場の雰囲気など実際に勤務している人の意見も参考にしながら、より良い転職を実現しましょう。

医師転職に関する記事