将来のための医師転職

患者の命を救う医師という仕事医者としての将来を見据えた医師転職

医師求人年収は勤務先によって異なります

医師求人を探す時年収はやはり気になりますが、勤務先によって大きく差がでています。一般の人は医師の年収は高いと思っていますし、一般的なサラリーマンのものは400万位で医師の平均は1071万円で600万円も多くもらっていることになります。

しかし、病院長をしている人と、開業医、大学病院勤務等によってその収入には大きな違いが有ります。関東圏で言いますと群馬県が一番高く、東京が一番安いということになりますが、これは東京には大学病院が多いのでそこに勤務する人が多いということです。キャリアアップをしたい方には東京の医師求人がおすすめです。

医師求人と年棒制について

医療機関にとって医師と言う存在は絶対のものです。他のいかなる職種でも代わりになることができない特別な存在なのです。そのため医療機関は医療行為を行うために医師の確保に全力を注ぎます。そのような医師求人を行う場合に一般的に行われるのが年棒制の設定です。

医師の仕事には様々なものがありますが、通所のサラリーマンのような月給制で待遇を示すよりも1年を通じていくら支払う用意があるのかを明確にする形式が主流となっています。このような医師求人の方法を選択することにより、多くの医師を確保することにつなげているのです。

満足のできる医師求人を選ぼう

医師求人の選び方をマスターするにあたり、満足のゆくまで条件の良しあしにこだわることがとてもおすすめです。

最近では、人気の高い医師求人が大手の求職サイトなどで掲載される機会が増えてきており、短期間のうちに各自のスキルの高さや希望などに応じて、就業先を決めることが良いでしょう。

また、医師求人の条件の違いについては、各地の医療機関の方針によって、大きな違いが出ることがります。そこで、なるべく早いうちから就職説明会などの機会を活用しながら、働きやすい職場を見つけることが成功の秘訣として位置付けられています。

耳鼻咽喉科の医師求人に必要な資格

耳鼻咽喉科の医師求人で求められる資格は専門医資格があります。この専門医資格は2年間の初期臨床研修が終わった後に、耳鼻咽喉・頭頸部領域全般についての決められた専門研修で4年以上の研修を行い、資格試験に合格したものに与えられる資格です。

耳鼻咽喉科の医師求人数は他の診療科目と比較し少ないため、良い求人をみつけたらなるべく早めに検討することが必要です。求人は都心や、大きな都市に多くあることも特徴です。求人内容を他の診療科目と比較すると、比較的、当直がなかったり、年間休日が120日以上のものが多くあり、ワークライフバランスが良い診療科であると言えます。

医師求人探しにも活用したい方法

転職を決心して、いざ職探し、というときに活用したいのがインターネットです。希望の職種や勤務時間など、条件を事細かに設定して検索できるので大変便利です。今では、色々な専門に特化したサイトも多く、看護師の求人や医師求人、事務職やIT業界等、自分のキャリアやチャレンジしたい内容に集中して探すことができます。

特に、仲介でアドバイザーなどが入る紹介業者では、本人に代わって、希望する職場とのやりとりを行ってくれ、優遇したい諸条件などを交渉してもらうこともできます。働く業界を大幅に変更したい場合でも、不安を解消して転職に臨むことができます。

医師求人を探すときのコツ

人員不足や長時間労働など、労働環境問題は医療現場においても深刻な問題です。特に手術や投薬などを行う場合ミスが許されませんから、気の休まるときがありません。そうした勤務状況を改善するために、転職を考える医師もいます。

医師求人は通常の求人誌で探すよりも、医療関係に特化した求人広告媒体や転職エージェントを活用して探すのをおすすめします。資格が必要な職種がほとんどのため、一般的な求人誌では掲載数が少ないからです。転職エージェントの場合は自分の希望条件を伝えるだけでなく、今の職場での悩みなども加味してマッチングしてもらえるため、より良い転職が期待できます。

医師求人に関する記事